ブログ一覧

Blog

フレイルとは!?その状態と対処法について

最近つまづく回数が増えてきた。食欲が無くなってきて外出する機会も減ってきた。そういった方が身近にいたらフレイル状態となっている可能性があるため注意が必要です。ではフレイルとはなんなのか。そして対処法などについてもまとめたのでみていきましょう。

 

フレイルとは

人は歳を重ねるごとに老いていき、体力や気力が低下します。このさまざまな要因により「虚弱した状態」にあることをフレイルと呼んでいます。 イメージしやすく説明すると図のようになります。健康な状態と要介護状態の間に位置するのがこのフレイルです。筋肉量や筋力・動作能力が低下し、移動能力の低下による転倒リスクや嚥下機能の低下による誤嚥リスクが上昇し肺炎となる恐れもあります。

実際、フレイル状態にある高齢者では日常生活機能に障害をきたし、施設入所,転倒,入院をはじめとする健康障害を認めやすく死亡割合も高くなることが知られており,高齢者の生命・機能予後を予測する上で重要な概念となっています。

 

 

フレイルの分類

フレイルは身体的、精神的・社会的フレイルと大きく分けて3つに分類されます。

 

・身体的フレイル
身体の衰えにより筋力低下やそれに伴う歩行能力の低下などによるものを示します。主にサルコペニア(筋肉量の減少)の影響が強いと言われています。

 

・精神的フレイル
認知症やうつ病などによるものを示します。正常な判断ができなくなったり、活気がなくなるといった影響があります。

 

・社会的フレイル
孤立や閉じこもりにより、他者との交流や役割の喪失などによるものを示します。

 

 

フレイルサイクル

フレイルになる原因として、食事量の減少や運動不足、薬剤の副作用、外出機会の減少など原因は多岐に渡ります。活動量が減ることで筋力低下や食欲減退が進み、低栄養状態となりさらに活動量が低下する。このような負のサイクルをフレイルサイクルと呼びます。
食事面に関して言えば、たんぱく質は筋肉のもとになる大切な栄養素ですが食欲減退の影響を受けて高齢者はさらに不足しがちとなってしまいます。そのほか、関節痛や意欲・認知機能の低下、慢性疾患などさまざまな要因もフレイルに影響を与えます。

 

 

なぜフレイルが注目されているのか

フレイル状態が続くと健康寿命も短くなり、最終的には寿命まで短くなってしまいます。しかし、 フレイル状態であっても適切な介入や対処により予防や回復が可能なのです。そのため、早期に発見して対処することが重要視されているのです。
主にプレフレイル(フレイル予備軍)の状態であれば健常な状態まで戻る確率がかなり高くなります。逆に重度のフレイルに対しては運動介入に対する効果が見られなかったという論文もあるため、早め早めの対策が必要です。

 

 

 

評価方法

フレイル状態かどうかをチェックする項目としてCHS基準というものが設けられています。 いずれも該当しなければ健常高齢、  1つまたは2つに該当する 場合はプレフレイル(フレイル予備軍)、3項目以上に該当する方はフレイル状態と判定されるため注意が必要です。その他、基本チェックリストやイレブンチェック、指輪っかテストなどもフレイルの評価に使用されています。

 

 

①CHS基準

 

②基本チェックリスト

厚生労働省が介護予防のために作成した25項目の質問票で、行政では介護予防事業の対象者の選定に使用されています。25項目のうち8項目以上該当でフレイルの疑いがあります。

 

③イレブンチェック

11の質問に「はい」と「いいえ」で答えます。1.2は栄養・3.4は口腔・5~7は運動・8~11は社会性とこころ」と評価する項目に分けられています。

 

④指輪っかテスト

サルコペニアとも関係するテストです。65歳以上を対象に筋肉の萎縮がないかを見るスクリーニングテストです。

 

 

 

フレイル対策

では実際にフレイルを予防・改善するためにどのような取り組みが必要なのかを確認していきましょう。

 

①運動の機会を定期的に設ける

 

サルコペニアの高齢者に対して行なった研究では、筋力を向上させるには最大挙上重量(1RM)の80%以上の 強度で、挙上回数8〜12回を2〜3セット、週3回の頻度で、3カ月以上の期間の筋 力トレーニングが必要であるされています。しかし、ここまで厳密に負荷量や頻度をコントロールするのは難しいので、まずは定期的に運動を行う習慣をつけることが大事です。
ゴムバンドや重錘を用いたレジスタンストレーニングとバランス・応用歩行トレーニングを組み合わせる多因子運動プログラムが推奨されています。

 

 

 

②人との交流機会を持つ

 

ひとり暮らしの方や夫婦のみで暮らしている方だと、自宅から出ずに一度も会話がなく1日を過ごすという方も珍しくありません。買い物に出かけたり、地域での交流会に参加したりすることで会話の機会も増えます。地域でどういった交流の場があるか知りたいという方は、住んでいる地域の介護保険担当課、保健担当課、 地域包括支援センターへ問い合わせると良いでしょう。また、自宅に定期訪問し会話を楽しみながら運動を提供するプライベートケアサービスの活用もオススメです。

 

③タンパク質豊富な食事を摂取

 

昔からいわれている一汁三菜を目安に肉や魚、などタンパク質豊富な食事を心がけましょう。一度に多く摂取ができないという方は補食としてチーズなどの乳製品をおやつがわりに食べることをオススメします。また、朝にタンパク質を多く摂取することで筋肉量に差が出るという研究結果もあるため、朝食にプロテインなどを摂取してもよいでしょう。
年齢を重ねると自身で調理するのがおっくうになったり、長時間の立ち仕事が困難になり偏った食生活となりやすいことがわかっています。また免許を返納し、歩いて重たい荷物を運ばなければならない方は買い物に出かけても即席麺やパン類など軽いものを購入しやすくなるため、買い物代行や家事代行などのサービスを利用することで栄養面に配慮した食事を取ることができます。

 

まとめ

適切な運動と食事、そして社会との交流を持つことがフレイル予防にとっては重要です。しかし、ひとりで考えたり取り組むことは難易度が高くあまりオススメできません。周囲の人に相談したり、適切なサービスの利用を行うことで継続して取り組むことができ、健康寿命を延ばすことができます。シニアの方は早めの対策を行い、フレイルを予防することで健康に過ごせる状態を維持していきましょう。

Contact

お問合せ

無料相談受付中!!
098-800-2701

平日10:00~17:00